サイディングとは?

サンディングとはどうすることなのか

研磨して仕上げをする

外壁塗装は、単に外壁に塗料を塗るだけの作業ではありません。高圧洗浄を行い、古い塗装を流して綺麗にしてから、塗料を塗り込みます。そのため、一般的な住宅の場合には、2週間から3週間程度かかるでしょう。1ヶ月くらいかかるケースも見られます。その間は家が足場に囲まれた状態になります。昼間は作業員が塗装作業をしているため、自宅にいると落ち着かないかも知れません。

そして、一通り塗装を施したら、サンディングを行います。サンディングと聞いて何のことなのか分からない人も多いでしょう。サンディングというのは、研磨をして綺麗に仕上げることです。かんなややすりなどを使用します。サンディングをすることで、見栄えが非常に良くなるのです。

外壁塗装をしたばかりの外壁が綺麗に見えるのは、サンディングをしているためと言ってもいいくらいでしょう。また、サンディングは建物の外壁塗装の他に、スキー板などを作る際にも行われています。表面が滑らかになるのです。

 

塗料が乗りやすくする効果もある

サンディングは一通りの塗装が済んでから、行うケースが多いですが、塗装の途中でもサンディングを挟むことがあります。その際には、意図的にくぼみを作るなどして、表面を荒れている状態にすることが多いです。綺麗に仕上げるために行うサンディングであるため、ええっと思う人も多いでしょう。意図的に表面を荒れた状態にするのは、その上に塗料が乗りやすくすることが目的です。

外壁塗装では塗料を何重にも塗り重ねます。外壁は垂直になっているため、塗料の乗りが悪いと、下に垂れてしまうのです。そうなると、せっかく塗った部分が汚くなってしまうことがあります。サンディングをすることで、そういったことを防止して、スムーズに塗料を塗ることができます。

サンディングをする際には、かんなややすりの他にサンディングシーラーを使用することも多いです。上面の塗装を施した後は、小さなくぼみなどが出来ないようにして、ツルツルに研磨して仕上げます。