外壁塗装の種類

外壁塗装にはどんな種類があるのか

オーソドックスなのはシリコン系

外壁塗装にはいくつかの種類があります。外壁の塗装が少し剥がれていたり、錆が付いていたりして、そろそろ外壁塗装をしなければならないと思っているのであれば、どの種類の塗装がいいのかも検討しておきましょう。

一般的な住宅の外壁であれば、シリコン系がもっともオーソドックスです。その名の通りシリコンが含まれていて、耐久性も比較的強い方です。12年から15年程度保つでしょう。料金も他の塗料と比べてリーズナブルな部類に入ります。特にこだわりがなかったり、どの塗装がいいのかよく分からない場合には、シリコン系の塗料を選ぶといいかと思います。一般的な住宅でシリコン系の外壁塗装なら、特に大きな失敗をすることはないでしょう。

シリコン系の他に一般住宅の外壁塗装に用いられるのは、ラジカル系が挙げられます。ラジカル系は新しいタイプの塗料です。シリコン系よりも長持ちして、どんな種類の壁材にも塗ることができます。ただ、料金は高額になることが多いです。

安価な塗料から耐久性の高い塗料まである

一般住宅の外壁塗装で、比較的予算に余裕がある場合には、ラジカル系の塗料で外壁塗装をするのがいいでしょう。また、ラジカル系の塗料よりもさらに耐久性の強い塗料もあります。フッ素樹脂系塗料です。外壁塗装に使用する塗料の中でももっとも、耐久性が強いとされています。概ね15年から20年程度は保つでしょう。

しかし、一般住宅の外壁塗装にフッ素樹脂系塗料が使われることは稀です。主に大きな高層ビルなどに使用されることが多い傾向にあります。例えば六本木ヒルズの外壁にも、フッ素樹脂系塗料が使用されています。

また、耐久性の弱い塗料もいくつかあります。例えばウレタン塗料やアクリル塗料などが挙げられるでしょう。
ウレタン塗料は環境によっては10年程度保つこともありますが、短いと7年くらいしか保ちません。
アクリル塗料はもっと耐久年数が短く、6年から8年程度でしょう。
以前まではそういった耐久性の弱い塗料が広く使用されていましたが、現在では一般住宅の外壁はシリコン系、高層ビルはフッ素樹脂系塗料が使われることが多いです。