外壁塗装をしよう!

外壁が老朽化していたら外壁塗装をする

建築後10年から15年が目安

新築で建てたばかりの家は中の方はもちろんのこと、外壁も綺麗です。その状態が数年くらいは続くかと思います。新築住宅を建てると、住宅ローンの支払をしなければなりませんが、綺麗で新しい家に住むことができるのが大きなメリットです。

しかし、新築から年数が経ってくると、次第に外壁に変化が見られます。塗装が少し剥がれて来たり、塗装にひびが入ってしまうことがあるでしょう。汚れて変色してしまったり、カビが生えてしまうこともあるかも知れません。新築後数年程度であれば、そういったことはほとんどありませんが、10年を超えると次第に外壁の塗装の状態が悪くなって来ます。

外壁の塗装の状態が悪化すると、外見的にもあまりよくありません。オシャレな家でも、見栄えが悪くなってしまうでしょう。そのため、外壁塗装をする必要があります。業者に依頼して、新しく塗装をし直してもらうのです。新築で建ててから概ね10年から15年程度経過した時期が目安になります。

 

外壁塗装をしないとどうなるのか

外壁塗装は、ただ壁に塗装をするだけであるため、それほど大きな費用がかかると想像していない人も少なくありません。外壁塗装をするのには、かなりの費用がかかります。ただ塗るだけであっても、全ての外壁に満遍なく塗る必要があります。特に高いところを塗るには、足場を組むなどしなければなりません。そのため、高額な費用がかかるのです。ハウスメーカーに依頼すると、100万円から200万円くらいかかるケースが多いです。

そのため、多少外壁の塗装が剥がれていたり、汚れていたりしても、外壁塗装をしないで放置しておく人もいます。少し見栄えが悪くても仕方ないと思ってしまう人もいるでしょう。しかし、外壁の状態が悪化したまま放置しておくのは避けた方がいいです。

外壁塗装をしないと、見栄えが悪いだけに止まらず、壁の内部まで傷んで行くのです。その結果、最悪の場合には家が壊れてしまうケースも見られます。外壁塗装は家を長持ちさせるためには、どうしても必要なことなのです。